日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

テレビ電話レンタル商法 WILL(ウィル)問題

テレビ電話レンタル商法を海外で展開するWILL(ウィル)問題の特設ページを更新しました 2019年4月14日
 

新着情報


2019/06/07

6月5日号を発行しました

| by:管理者

《主な記事》

●木の実による食物アレルギー急増、クルミ4位、カシューナッツ9位(PICK UP 1、2面)

●『食品添加物表示』4団体、全ての物質名表示必要―消費者団体5団体ヒアリング(PICK UP 3、4面)

●歩行型ロータリ除雪機「安全装置の多角化すべき」―消費者安全調査委員会

●身元保証サービスの契約トラブル「内容・料金をよく確認する」―国民生活センターが注意喚起

●スマホケースから液漏れで化学やけど―灯油に組成近い、鉱物油を使用(PICK UP 6面)


《注目の記事 PICK UP》

(1、2面)

クルミやカシューナッツ、アーモンドなどの木の実による食物アレルギーが急増していることが、消費者庁の調査で分かりました。

アレルギー発症数では、鶏卵、牛乳、小麦の次がクルミ。カシューナッツは9番目、アーモンドは16番目です。

木の実は「義務表示」になっていません。クルミとカシューナッツは「推奨表示(事業者の任意表示)」ではありますが、アーモンドは「推奨表示」にもなっていません。食物アレルギーの子を持つ親の会の竹内澄子代表は、アレルギー表示見直しを訴えています。


(3、4面)

食品添加物表示制度を見直している消費者庁の検討会で、消費者団体5団体(生活クラブ生協連合会、食品表示を考える市民ネットワーク、日本生活協同組合連合会、消費科学センター、食のコミュニケーション円卓会議)からヒアリングが行われました。

国際基準と大きく異なる「一括名表示」(14種類が物質名でなく一括名で書くことができる)について、5団体中4団体が、全てを物質名で表示することが必要としています。


(6面)

液体に入ったキラキラ光る素材が、傾けると舞う透明なスマートフォンの硬質ケース。ケースに圧力がかかることで、液体が漏れ出し、化学やけどを負う事例が、国民生活センターに複数報告されています。

同センターが、通販サイトでレビュー上位のスマホケースなど5銘柄を調べたところ、液体から、灯油に組成が近い鉱物油が検出されています。


トップニュース」で1面、「その他のニュース」で3面の記事の一部を紹介しています。


16:33