日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2019/11/28

日本消費経済新聞2282号(2019年11月25日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
収納付きベビーベッドで死亡事故
魔の“デッドスペース”11センチ
 柵の下半分が収納扉として手前に開閉できるベビーベッドで、 乳児が死亡する事故、 意識不明になる重症事故が2件続けて起きていたとして、 消費者庁は 11 月 15 日、 注意を呼びかけた。 閉めていたはずの扉が開き、 敷布団と開口部上枠との間にできた約 11㎝のすき間から乳児の身体だけがずり落ち、 頭部が挟まって窒息したと見られる。 ベビーベッドは、 国が定めた技術基準に適合しなければ販売できない特別特定製品 (ひし形の PSC マーク対象製品) だ。 経済産業省は同日、 事故は通常使用ではなく“誤使用”で発生したとして、 特別特定製品の国の技術基準は変更しないまま、 運用で1年後にこのすき間を8.5㎝以下にすることを求めた。 そもそも柵の間隔の安全基準は8.5㎝以下とされていた。 しかも、 柵の上半分は下にスライドする構造のため、 収納扉のロックがかかる部分は枠が2本あり、 上枠にピンが押し当てられて扉が開かない程度に固定される場合があることも判明している。 上から見るとロックがかかったかどうか確認しにくく、 取扱説明書に完全にロックしなければ危険があることなど書かれていない。 この事故を“誤使用”とされたのでは、 消費者は納得がいかない。 改善前の製品を使う消費者には、 収納部分の扉が開かないよう縛り付ける、 床板を中段では使用しない、 いずれかの対策を取ることを求めたい。 命に直結する危険がある。(相川優子)

11:15 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)