日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2019/06/07

日本消費経済新聞2266号(2019年6月5日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
木の実による食物アレルギー急増
クルミ4位、カシューナッツ9位
 クルミやカシューナッツ、 アーモンドなどの木の実による食物アレルギーが急激に増えていることが5月 31 日、 消費者庁が公表した 2018 年度のアレルギーによる健康被害全国実態調査結果で明らかになった。 クルミでアレルギーを発症した人は、 鶏卵、 牛乳、 小麦に次いで4番目に多く、 義務表示とされている落花生を上回っていた。 カシューナッツも9番目に多い。 アレルギーを起こした人が、 ショック症状を引き起こす割合はカシューナッツが 18.3%と最も高く、 次いで小麦の 17.0%、 クルミも 16.7%と3番目に位置していた。 義務・推奨表示 27 品目に入っていないアーモンドでアレルギーを発症した人は 16 番目、 マカデミアナッツでも 18 番目に多くなっていた。 推奨表示の対象とされているマツタケによる発症は、 前回調査 (2015 年度) に引き続き今回も1例も確認されていない。 実態に則した早急なアレルギー表示の見直しが求められる。 表示ミスによる誤食で発症したケースが 125 例 (2.6%) あり、 牛乳、 鶏卵、 小麦、 落花生・クルミの順に多かった。(相川優子)

16:30 | 投票する | 投票数(47) | コメント(0)