日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

お知らせ

ここでは、適格消費者団体等が取り組んでいる差止請求や訴訟など、2017年7月以降に適格消費者団体が公表している情報を提供しています
 

適格消費者団体の活動

【新着情報】 >> 記事詳細

2017/07/28

Cネット東海 アディーレから回答書が届く

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 消費者被害防止ネットワーク東海(Cネット東海)は2017年7月28日、弁護士法人アディーレ(東京都豊島区)から回答書が届いたことを明らかにした。
 Cネット東海は同年7月25日、任意整理に関する委任契約書の契約条項について、消費者契約法等から見て、消費者の利益を害し、不当・不適切と思われる条項があったと指摘。「委任者による解除における弁護士費用全額請求条項(8条)」の削除等を求めている。
 上記条項では、「甲(委任者)が乙(アディーレ)の責めに帰することができない事由で乙との委任契約を解除したときは、乙は、甲に対し、弁護士費用の全額を請求し、または受領済みの弁護士費用を返還しないことができる」と定められている。

11:44 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)