日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2020/04/20

日本消費経済新聞2295号(2020年4月15日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
「エルメス」「ヴィトン」偽物
アマゾン出品13業者に業務停止命令
 消費者庁は 4 月 7 日、 通販大手 「アマゾン」 のサイトで、 「エルメス」 や 「ルイ・ヴィトン」 など有名ブランドの偽物を販売した 13 事業者に対し、 特定商取引法違反(広告の表示義務違反、 虚偽表示)で 3 カ月の一部業務停止命令を出した。 偽ブランド品での同法での処分は初めて。 いずれの事業者も連絡がつかず、 12 事業者は使われていない、 あるいは無関係な他人の住所や電話番号を表示していた。 13 事業者のうち、 複数の事業者で代金振込口座や商品の返送先が同じで、 13 事業者以外の事業者でも使われていることが確認されている。 同庁では、 同様の偽ブランド品の販売が繰り返される可能性が高いとして、 消費者安全法でも公表し、 プラットフォーム事業者に再発防止のための対応を要請、 消費者にも注意を呼びかけている。(相川優子)

15:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)