日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2020/02/20

日本消費経済新聞2289号(2020年2月15日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
「モバゲー」利用規約の差止認める
埼玉消費者被害をなくす会、地裁で判決
 適格消費者団体・特定適格消費者団体 NPO 法人埼玉消費者被害をなくす会は2月5日、 ㈱ディー・エヌ・エー (東京都渋谷区) を相手取って提起していた差止請求訴訟において、 同会の主張が認められた判決が出たことを明らかにした。 同会は、 同社は運営する携帯電話・スマートフォンポータルサイト兼ソーシャル・ネットワーキング・サービス 『モバゲー』 の利用規約の中に、 消費者契約法に違反する不当条項があるとして、 2018 年7月9日に地裁に起訴。 「当社の措置によりモバゲー会員に損害を生じても、 当社は、 一切損害を賠償しません」 という利用規約第7条3項について、 差止が認められた。

16:58 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)