日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

お知らせ

ここでは、適格消費者団体等が取り組んでいる差止請求や訴訟など、2019年1月以降に適格消費者団体が公表している情報を提供しています
 
特定適格消費者団体・適格消費者団体

2018/02/20

消費者被害防止ネットワーク東海‥‥‥プレミアムウォーター株式会社

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者

消費者被害防止ネットワーク東海(Cネット東海)・2018年2月20日付

申入書を送付

<相手>

プレミアムウォーター株式会社(旧ウォーターダイレクト、ウォーターダイレクトは旧アイディール・ライフ、東京都渋谷区)

<内容>

株式会社アイディール・ライフの「iDEAL WATER 水宅配サービスご利用規約」について、消費者契約法に鑑み、消費者の利益を害し不当、不適切と思われる箇所、条項があり、同社のサイト上にも消費者の誤認を招く記載があったとして2016年4月、申入書および問合せ書を送付。

<経過>

2016年4月申入・問合せ書(アイディール・ライフ)→2016年5月回答書→2016年8月再申入書→2016年9月回答期限延長の依頼(電話)→2016年9月回答書→201611月申入書(ウォーターダイレクト)→201612月回答期限延長の連絡書→2017年1月回答書→2017年4月差止請求書→2017年5月回答書→2017年8月申入書(プレミアムウォーター)→2017年9月回答期限延期の連絡書(FAX)→201710月回答書→2018年2月申入書
13:58 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)