日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2021/03/19

日本消費経済新聞2325号(2021年3月15日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
コンビニスプーン・フォークも対象
プラスチック資源循環促進法案を閣議決定
 環境省による 「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律案」 が3月9日、 閣議決定された。 同法律案は、 多様な物品に使用されているプラスチックについて、 製品の設計から使用、 廃棄後の処理までにかかわる全ての主体においての資源循環等の取り組み 「3R+Renewable」 を促進するための措置を講じることが狙い。 同日の記者会見で小泉進次郎環境相は、 同法律案を 「サーキュラーエコノミー (廃棄物を資源にして循環させる経済の仕組み) 新法」 と名付け、 「2050 年に向けて、 プラスチックの分野においては完全サーキュラーエコノミーに変わっていく、 そのスタートとなるプラスチック新法」 と述べた。 同法律案は、 現在会期中の第 204 回通常国会に提出され、 審議が行われる。(原田恵理)

11:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)