日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

テレビ電話レンタル商法 WILL(ウィル)問題

テレビ電話レンタル商法を海外で展開するWILL(ウィル)問題の特設ページを更新しました。2019年8月28日
 

新着情報


2019/03/27

3月25日号を発行しました

| by:管理者

《主な記事》

●「成年年齢引き下げ」内閣府が世論調査―若者の「未成年取消権」認知度3割(PICK UP 1、2面)

●点検・整備が事故を未然に防ぐ―NITEが自転車の使用で注意喚起

●参議院消費者問題特別委員会で予算委嘱審査―「ムチ」のような政策、日本維新の会 片山大介氏

●叙勲受章者にうそで「名言集」販売―関東経済局、「日勲」に業務停止命令

●改元便乗商法、詐欺に注意を―「今買わないのはおかしい」「非国民」天皇陛下の写真集やアルバム勧誘(PICK UP 5面)

●まつ毛美容液で皮ふ障害―東京都消費生活総合センターが注意喚起(PICK UP 6面)

●消費者庁、GLORIAに課徴金4598万円―バストアップ効果うたった健康食品販売

●消費者庁、ティーライフに課徴金1313万円―痩身効果促進作用うたった飲料販売


《注目の記事 PICK UP》

(1面)

成年年齢が2022年4月1日、20歳から18歳に引き下げられます。

成年年齢になれば父母などの同意なく1人で契約できることを知っていますか。成年年齢引き下げ後に18、19歳の人が契約した場合、未成年という理由で取り消すことができなくなることを知っていますか。

内閣府が16歳から22歳を対象に行った世論調査の結果を、グラフなどを使い掲載しています。


(5面)

天皇陛下の退位、新元号への改元に便乗した悪質商法や詐欺が登場しています。

◎「陛下の写真を9万9000円で販売する。購入しないか」と電話があり、断ると「非国民」と言われた

◎「天皇陛下の写真集を買わないか」と電話があり、断ったが自宅にアルバムが送り届けられた

など様々な手口です。このような悪質商法に対する国民生活センターからのアドバイスを掲載しています。


(6面)

『まつ毛美容液』に関する東京都消費生活相談センターへの相談件数が急増しています。「かゆみを感じた」「ヒリヒリした」など、皮ふ障害を訴える相談もあるといいます。相談の中には、お試しのつもりだったのに、定期購入になっていたという相談もあります。


トップニュース」で1面、「その他のニュース」で5面、6面の記事の一部を紹介しています。


12:17