日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 
その他ニュース >> 記事詳細

2017/05/27

日本消費経済新聞(2017年5月25日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
北陸地方にも適格消費者団体
「消費者支援ネットいしかわ」
 5月 15 日、 全国で 16 番目の適格消費者団体が認定された。 NPO 法人 「消費者支援ネットワークいしかわ」 (理事長、 橋本明夫弁護士)。 4月の東北地方に次いで、 北陸地方でも適格消費者団体が誕生した。 消費者団体が被害消費者に代わって、 不当な契約条項やうそつき表示、 悪質な勧誘行為などを差し止める訴訟を起こせる 「消費者団体訴訟制度」 が 2007 年6月にスタートして 10 年。 この制度を担うことができる適格消費者団体の空白地域は、 四国のみになった。(相川優子)

初の「子どもの事故防止週間」
5月22日から 消費者庁
 消費者庁は5月 22 日から 28 日までを 「子どもの事故防止週間」 とし、 ツイッターなどを使った啓発活動を展開している。 初の取り組みで、 警察庁や消防庁、 厚労省、 経産省、 国交省など8府省庁と連携して、 本年度から毎年実施する。 今年の重点テーマは 「子どもと一緒のお出かけは、 楽しく“安全に”」。 ①海、 川、 プールでは子どもから目を離さない②遊具は対象年齢や正しい使い方を教え、 服やカバンのひもに気をつける③ベビーカーのベルトは緩みがないようしっかり締める。 抱っこひもは留め忘れがないか確認し、 前にかがむときは、 必ず子どもを支え、 ひざを曲げて腰を落とすようにする―などを呼びかけている。

15:58 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)