日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 
その他ニュース >> 記事詳細

2017/06/17

日本消費経済新聞(2017年6月15日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
消費者庁、日本サプリに5471万円納付命令
トクホ要件満たさず2商品に課徴金
 消費者庁は6月7日、 日本サプリメント㈱ (大阪市北区) が販売する 「ペプチドエースつぶタイプ」 「豆鼓エキスつぶタイプ」 の2商品に対し、 特定保健用食品 (トクホ) の許可要件を満たしていないことを知りながら販売を続けていたのは、 景品表示法の優良誤認に当たるとして、 総額 5471 万円の課徴金の納付を命じた。 同社が販売する 「ペプチドエースつぶタイプ」 と 「豆鼓エキスつぶタイプ」 など6商品は、 機能性関与成分の含有量が不足しているか、 全く含まれていないとして、 昨年9月、 消費者庁が健康増進法違反を認定し、 トクホの認可を取り消し、 今年2月には、 景品表示法による措置命令が出されていた。 今年4月に景品表示法に課徴金制度が導入されて以降、 健康食品への適用は初めて。(上林裕子)

消費者委員会 食品表示部会
消費者庁 パブコメ踏まえ改正点明示
意見出し合い議論は次回以降に
 原料原産地表示について検討している消費者委員会の食品表示部会は6月8日、 部会を開き、 消費者庁に寄せられたパブリックコメントの結果について、 消費者庁から説明を受けるとともに、 論点ごとに各委員が意見を出し合った。 消費者庁によると、 寄せられた意見は 8715 件、 4500 人以上に上る。 消費者庁はパブコメで寄せられた意見を踏まえ、 これまで示してきた食品表示基準改正のポイントについて、 ①可能性表示の呼称②過去の産地別使用実績の期間③経過措置期間④消費者への普及・啓発―の4項目について変更点を明示した。 本格的な議論は、 6月 29 日に開催される部会で行う。(上林裕子)

10:12 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)