日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 
その他ニュース >> 記事詳細

2017/04/17

日本消費経済新聞(2017年4月15日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
「訪販お断りステッカー」 
奈良県 無視した訪販は条例違反
 奈良県は4月から、 訪問販売お断りのはり紙を無視した訪問勧誘を、 県消費生活条例で禁止する 「不当な取引行為」 に指定した。 指定告示を改正し、 「はり紙による表示」 が勧誘を拒絶する意思に当たることを明記した。 罰則はないが、 奈良県では、 訪販お断りステッカーを貼った家庭を訪問した場合は、 条例違反に当たることになる。 違反した場合は、 勧告ができ、 勧告に従わない場合は公表の対象になる。 これまで、 北海道や大阪府、 京都府、 兵庫県などが条例の解釈や事例集で同様の措置を講じてきたが、 条例の指定告示で法令自体に具体的に明記したのは、 都道府県では初めて。 今回の改正では、 消費者の意思に反して電話をかけることも禁止している。 奈良県では、 迷惑電話対応機能を備えた電話機器を設置し、 悪質電話お断りなどのガイダンスが流れた場合なども勧誘の拒絶の意思表示に当たるとして、 電話勧誘も規制の対象にする。(相川優子)

しょう油メーカーアンケート調査
消費者ニーズに配慮
non GM大豆を調達
 日本人の食生活に欠かせない調味料であるしょう油。 しょう油には遺伝子組み換え (GM) に関する表示義務はないため、 GM ではないしょう油を選びたいと思っても選べないのが現状。 そのため、 市民団体のたねと食とひと@フォーラムは2月、 しょう油メーカー 11 社にアンケートを送付し、 しょう油の原料に GM を使っているか否かを聞いた。 アンケートを送付した 11 社のうち 10 社が回答を寄せたが、 1社が2製品に不分別 (遺伝子組み換え) の脱脂加工大豆を使用しているものの、 そのほかは分別輸入の非組み換え (nonGM) 大豆および脱脂加工大豆を使用していると回答した。 また、 しょう油の添加物・調味料のアルコールや果糖ぶどう糖液糖、 みりんなども nonGM を使用していると答えたのは4社で、 「異性化液糖業界が GM 使用を決めているため nonGM  原料を国内で調達するのは困難」 と指摘する声もあった。(上林裕子)

15:48 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)