日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2019/05/07

日本消費経済新聞2263号(2019年4月25日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
処分受けた機能性表示食品「葛の花」
返金1年間で1万6472人に
 特定適格消費者団体の 「消費者支援機構関西」 は 4 月 18 日、 葛の花由来イソフラボンを有効成分とする機能性表示食品の表示で景品表示法の措置命令を受けた販売事業者 12 社の返金対応が、 3 月末までで合計 1 万 6472 人になったと発表した。 消費者に代わって損害賠償請求訴訟を提起することができる特定適格消費者団体の申し入れ活動で、 一定の返金対応が進んだが、 申し入れに対応せず返金状況を報告しない事業者が一部出ているままだ。

17:03 | 投票する | 投票数(22) | コメント(0)