日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2018/07/17

日本消費経済新聞2237号(2018年7月15日発行

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
シンポジウム「今、農薬問題を考える」
子どもへの影響深刻化
ネオニコ系農薬の中止求める
 日本弁護士連合会 (日弁連) 公害対策・環境保全委員会は7月7日、 シンポジウム 「今、 農薬問題を考える」 を開催した。 日弁連は昨年 12 月、 「ネオニコチノイド系農薬の使用禁止に関する意見書」 を公表し、 人畜に対して危険を及ぼすことが懸念されるとして、 ネオニコチノイド系農薬の使用禁止を求めている。 だが、 現状としてネオニコチノイド系農薬は、 保育園・幼稚園の近隣で空中散布されており、 園児に農薬中毒と思われる症状が発現している地域もある。 パネリストとして参加した長野県上田市で、 シュタイナー乳幼児教育の保育所を経営する田口操氏 (一般社団法人こどもの園園長) は、 「体調が悪くなった園児の尿を調べたところ、 ネオニコ系農薬が検出された。 その結果を県に訴えても、 空中散布は止まらない」 と述べ、 農薬の子どもへの影響が深刻化しており、 神経毒のネオニコの実態を知ってほしいと訴えた。 また、 県に対して、 せめて健康被害の相談窓口を設置するよう求めても、 農薬中毒の専門医がいないことを理由に、 実現には至っていないという。 農薬の現状等について農林水産省の見解を聞くため、 パネルディスカッションへの出席を求めたが、 同省からの出席はかなわなかった。

13:16 | 投票する | 投票数(22) | コメント(0)