日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2020/05/28

日本消費経済新聞2298号(2020年5月25日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
アルコール濃度 表示と大きく異なる
消費者庁、輸入販売事業者に措置命令
 消費者庁は5月 19 日、 アルコールタイプの手指洗浄剤 「ハンドクリーンジェル」 を輸入販売していた株式会社メイフラワー (東京都千代田区) に対し、 景品表示法に基づく措置命令を下した。 消費者庁によると、 「ハンドクリーンジェル」 には 『アルコール 71%配合』 を表示されていたが、 実際は5%~30%程度 (商品によって濃度が異なる) しか含まれておらず、 消費者から複数の苦情を受けた同社が分析試験を行ったところ、 表示濃度と大幅に異なる結果が明らかになったため、 同社が消費者庁に報告。 4月 14 日から返品対応している。

11:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)