日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2019/07/08

日本消費経済新聞2269号(2019年7月5日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
ジャパンライフ被害救済求める請願
9529人署名、今国会でも不採択
 衆議院消費者問題特別委員会は6月 25 日、 「ジャパンライフ被害者の会」 (佐藤良一代表) が 9529 人の署名を添えて提出していた 「ジャパンライフ被害者救済と再発防止を求める請願」 について、 採否決定を保留し審査未了とした。 採択には全会一致の賛成が必要で、 会期内に審査未了とされた請願は、 次期国会には引き継がれず、 事実上不採択となる。 ジャパンライフ被害者の会は昨年の通常国会にも、 5028 筆の署名を添え、 国による被害者への賠償を求める請願を行っており、 2回続けて不採択となった。(相川優子)

16:49