日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2020/09/09

日本消費経済新聞2307号(2020年9月5日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
首にかける空間除菌剤
「根拠なし」消費者庁
  「首にかけるだけで空間のウイルスを除去!」 などと表示して空間除菌剤を販売していた東亜産業 (東京都千代田区) に対し、 消費者庁は8月 28 日、 「表示を裏付ける合理的な根拠が示せない」 として、 景品表示法に基づき、 同様の表示を行わないよう措置命令を出した。 1.6や 10の密閉空間で、 下に置いたシャーレの中のインフルエンザウイルスに対する試験結果しか示されず、 屋外や室内を含む実際の生活空間で、 浮遊しているウイルスを吸い込む前に瞬時に不活化する (活動させないようにする) 合理的根拠とは認められなかった。 同庁は、 携帯型の空間除菌用品について、 表示の根拠が狭い密閉空間での実験結果であることがほとんどで、 実際の生活空間では表示どおりの効果が得られない可能性があることを認識してほしいと注意を呼びかけている。(相川優子)

16:39 | 投票する | 投票数(20) | コメント(0)