日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2018/02/07

日本消費経済新聞(2018年2月5日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
「遺伝子組み換えでない」混入基準を下げる
意図せざる混入率は5%のまま
 1月 31 日に開催された遺伝子組み換え表示制度に関する検討会で消費者庁は、 報告書案のたたき台を提示した。 たたき台では表示の対象を、 「現行制度の8農産物とこれを原料とする 33 加工食品」 として拡大しないとした。 また、 意図せざる混入率5%はそのままとし、 これまで5%以下で任意表示 「遺伝子組み換えでない」 と表示できたが、 「遺伝子組み換えでない」 と表示するための混入率をできる限り下げるとした。 しかし、 何%以下とするかは意見がまとまらなかった。(上林裕子)

相談現場からの提言が最優秀賞
ACAP、「私の提言」授賞式を行う
 公益社団法人消費者関連専門家会議 (ACAP、 東京都新宿区) は1月 16 日、 昨年 12 月に審査した ACAP 消費者問題に関する 「私の提言」 の授賞式を執り行った。 最優秀賞/内閣府特命担当大臣賞を受賞したのは、 木更津市消費生活センターで勤務する消費生活相談員の橋口京子さん (千葉県木更津市在住) で、 『消費生活センター発 ACTION!SDGs プロジェクト~消費生活相談現場からの提言』 をテーマに、 持続可能な開発目標 (SDGs) を消費生活センターに導入し、 センターからも社会へ SDGs を発信することで、 社会を大きく変えるうねりになることを提唱していることが評価された。 今回の ACAP 消費者問題に関する 「私の提言」 には、 高校生から初めて応募があるなど、 全国から 82 作品が寄せられている。 また、 前回に引き続き中学生を対象とした 「消費生活に関する作文コンクール」 には、 709 作品の応募があり、 最優秀賞には東京都立白高等学校附属中学校1年生の細貝愛奈さん 「賢い消費者~地産地消と日本の未来」 が選ばれた。

12:26 | 投票する | 投票数(43) | コメント(0)