日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2020/01/17

日本消費経済新聞2286号(2020年1月15日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
化粧品の定期購入分かりにくい
「TOLUTO」に業務停止命令
 化粧品を最低4回購入する契約にもかかわらず、 通販サイトに2回目以降の代金支払い時期を記載しないなど定期購入契約であることを分かりにくく表示したのは、 特定商取引法違反に当たるとして、 消費者庁は 12 月 26 日、 通販会社 「TOLUTO」 (トルト、 東京都渋谷区) に対し、 3カ月の一部業務停止命令を出した。 同社は 2019 年9月、 健康食品 「ケトジェンヌ」 で同庁から消費者安全法で注意喚起を受けた直後に、 社名を 「e.Cycle (イーサイクル、 東京都渋谷区)」 から変更し、 社長が交代している。 消費者庁は同日、 イーサイクル社長だったトルト社員の中谷裕一に対し、 主導的な役割を果たしたとして3カ月の業務禁止命令を出した。(相川優子)

16:07 | 投票する | 投票数(16) | コメント(0)