日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 
トップニュース >> 記事詳細

2017/07/17

日本消費経済新聞(2017年7月15日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
機能性表示食品 問われる健康被害対応
消費者庁、健康食品の重大事故で公表していた
 東京都が4月に公表した目のピントを調節する機能性表示食品による健康被害事例は、 消費者庁が1月に健康食品による重大事故として公表した事例と、 同一だった―。 食の安全・監視市民委員会 (神山美智子代表) は7月6日、 同会の情報開示請求と調査でこの事実が明らかになったと公表。 消費者庁に対し、 なぜ、 機能性表示食品による被害であることを公表しなかったのか、 因果関係や被害拡大の可能性についてどう評価したのかなどを問う公開質問書を出した。 併せて、 内閣府消費者委員会には、 消費者庁の情報隠ぺいがなかったか検証を要請している。(相川優子)

11:09 | 投票する | 投票数(35) | コメント(0)