日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

5/1から「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」開設

51日から「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」
☎0120-213-188開設

 国民生活センターは51日から、特定定額給付金10万円に関連した消費者相談を受け付ける「新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン」を開設する。

 厚労省や市区町村、保健所職員をなりすまし、口座番号やパスワードを詐取する手口や、家族構成など個人情報を聞き出す手口、マイナンバーカード申請など給付代行費用を請求する手口-などがすでに登場している。

 国民生活センターでは、「電話やメール、SNSなどで口座番号などを問い合わせることは絶対にないとして、不審な電話はすぐに切り、メール等にも反応しない。絶対に口座番号やパスワードなどは伝えない」よう注意を呼びかけている。


0120-213-188

《フリーダイヤル(通話料無料)》

050」から始まる IP 電話はかからない
●5月1日(金)から
10 時~16 時〈土日祝日含む〉
※6月15日からは17時まで受け付ける

 

新着情報


2020/04/08

4月5日号を発行しました

| by:管理者

《主な記事》

●「着実な法整備」求める意見最多―第4期消費者基本計画を閣議決定(PICK UP 1、2面)

●地方強化作戦2020を公表―消費者庁、21の政策目標を提示

●地方自治体、削減推進計画策定へ―食品ロス削減で基本方針を閣議決定

●バターを使用しているかのように表示―消費者庁、食品表示法で山崎製パンを指示処分

●有料・無料問わずプラ製レジ袋禁止―京都・亀岡市、提供禁止の条例可決

●「コロナウイルスが上下水道管を汚染」―国民生活センター、感染拡大に便乗した商法に注意

●乳幼児の危害・ヒヤリ・ハット―東京都が3000人対象に調査(PICK UP 7面)

●東京都、スマホガラスフイルム20商品をテスト


《注目の記事
PICK UP》

(1面)

2020年度から2024年度までの5カ年に政府が取り組むべき消費者政策を示す「第4期消費者基本計画」が閣議決定され、4月1日からスタートしました。

意見募集では「着実な法整備」「迅速な法整備」などの記述を求める意見が最も多く寄せられましたが、「必要に応じた法整備等」を追記するにとどめています。


7面)

誤飲、はさみ・刃物で切った、転倒、ぶつけたなど、「年齢の異なる子どものいる家庭での乳幼児の危険」。東京都が3000人を対象に調査し、結果をまとめました。危害やヒヤリ・ハットを経験した人は約半数を占め、年下の乳幼児が兄や姉の製品などを使用した時の事例(1156件)が最も多くなりました。主な事例を紹介しています。


トップニュース」で
1面、「その他のニュース」で7面の記事の一部を紹介しています。


16:49