日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 
トップニュース >> 記事詳細

2016/12/17

日本消費経済新聞(2016年12月15日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
成人年齢引き下げ
マルチ商法被害
高校生に広げるのか
 マルチ商法被害は、 被害者が、 被害意識がないまま加害者になり、 加速度的に広がっていく。 20 歳そこそこで数十万から数百万円の借金を背負い、 友人や知人関係を崩壊させ、 連日深夜まで続く説明会で身体的にも被害が出る。 学業を止めてしまうこともある。 過去には、 自殺や親子心中まで起きた。 その被害実態は極めて特異で、 悲惨だ。 成人年齢を引き下げた場合、 高校のキャンパスにまでマルチ商法被害が広がることは、 火を見るより明らか。 手をこまねいて、 その被害を高校生にまで広げていいのか。(相川優子)

11:46 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)