日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

テレビ電話レンタル商法 WILL(ウィル)問題

テレビ電話レンタル商法を海外で展開するWILL(ウィル)問題の特設ページを更新しました。2019年8月28日
 

新着情報


2019/09/18

9月15日号を発行しました

| by:管理者

《主な記事》

●「ケトジェンヌ」で水のような下痢―健康食品による健康被害、消費者安全法で初公表(PICK UP1、2面)

●消費者担当相に衛藤晟一・参議院議員「役割を十分に発揮することが重要」

●G20消費者政策会合、徳島で開催―デジタル時代の消費者政策

●高齢者の誤食、薬の包装が最多―PTPシート1錠ずつ切り離さない

●日本弁護士連合会、会長談話を公表「消費者行政の充実・強化を」

●消費者機構日本、10月にも順天堂大提訴へ―不正入試で受験料返還義務を確認(PICK UP 4面)

☆東京医科大訴訟、受験生に意見求める―同大主張「得点調整分かっても受験する」

●6月の相談件数は2498件―東京都消費生活総合センター相談状況まとめる

●消費者トラブル対策本、国民生活センター「くらしの豆知識」発売

●「関東への配送料無料」アマゾンの配送料加算問題で情報提供求める―埼玉消費者被害をなくす会


《注目の記事 PICK UP》

(1面)

カプセル状の健康食品「ケトジェンヌ」で、水のような下痢になったなど健康被害を訴える事故情報が、短期間で急増しています。販売事業者は「e.Cycle(イーサイクル)」(渋谷区)。健康被害が生じた人への同社の対応など、取材しています。

消費者庁によると、今年3月から主にインターネット上で販売されているということです。

同庁は、体調不良が生じた場合は、ただちに使用をやめ医療機関などに相談するよう呼びかけています。


(4面)

特定適格消費者団体の「消費者機構日本」は、医学部の不正入試が明らかになった順天堂大学を相手取り、受験料等の返還義務の確認を求める訴訟を10月にも提起する方針を示しました。提訴に向け、広く対象受験生に情報提供を呼び掛けています。

不正入試での同機構による提訴は、東京医科大学に続き2例目です。

 

トップニュース」で1面、「その他のニュース」で4面の記事の一部を紹介しています。


17:17