日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 
消費者契約法改正 特設ページ更新!
 

新着情報


2018/02/07

2月5日号を発行しました

| by:管理者

《主な記事》

ジャパンライフ、大物政治家、大手マスコミ解説委員らも広告塔に
☆ジャパンライフ元社員から宣伝用資料を入手。二階幹事長、著名ジャーナリストや大手マスコミ解説委員らが広告塔に。ジャパ社・山口会長宛、首相の「桜を見る会」の招待状も

☆衆議院予算委員会で希望の党・大西健介氏が追及
(詳細な内容は「ジャパンライフ問題 特設ページ」を参照)

被害が増加!「土地を売ってあげる」と言われ契約したら、知らずに別の原野を購入

EU、韓国より高い比率!遺伝子組み換え表示「意図せざる混入率」は5%のまま

消費者の望む遺伝子組み換え表示とは?消費者団体など50団体が検討会を開催

マッスルマダイ、高成長トラフグなどで注目のゲノム編集技術。食の安全に問題は?

40年以上の歴史ある東京都の消費者被害救済委員会。第22次会長に村千鶴子氏

自立した消費者の育成を目指して―。関西消費者連合会など5団体が新春のつどい

ACAP「私の提言」授賞式。最優秀賞/内閣府特命担当大臣賞は木更津市消費生活センターの相談員・橋口京子さんに

 

《注目の記事 PICK UP》

(1面~2面) 

4度の業務停止命令を受けたジャパンライフの元社員から、顧客を集めて行われる説明会で使う資料を入手しました。資料には、阿部晋三首相からジャパ社・山口会長に届いた「桜を見る会」の招待状や、山口会長主催の二階俊博幹事長を囲む懇談会があり、それらを使ってジャパ社を信用させていました。
衆議院予算委員会では、希望の党の大西健介氏が「桜を見る会」の招待状について追及しています。

詳細は、ジャパンライフ問題特設ページをご覧下さい。

(3面、4面)

遺伝子組み換え表示制度に関する検討会で1月31日、消費者庁が、報告書案のたたき台を示しました。消費者団体から「高すぎる!」と指摘のある“意図せざる混入率”、「遺伝子組み換えでない」表示の基準、表示の対象品目など、議論の詳細を掲載しています。 

検討会はたたき台を出したが、消費者が求める表示とは、どのような表示でしょうか?2月1日に消費者団体など50団体が開催した「消費者による消費者のための遺伝子組み換え表示検討会」での消費者の声も取材しています。

(6面)

企業の消費者関連部門の担当者で組織する消費者関連専門家会議(ACAP)が、消費者問題の啓発活動の一環として、募集、表彰している「私の提言」の受賞作品を紹介しています。第33回の最優秀賞には現役の消費生活相談員、優秀賞には高校生グループが受賞。高校生の応募、受賞は初めてで、未来のために自ら課題解決に取り組む姿勢が評価されました。

 

ジャパンライフ問題特設ページ」で1、2面、「その他のニュース」で3、6面の記事の一部を紹介しています。


12:27