日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

2019/02/27

日本消費経済新聞2257号(2019年2月25日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
水で膨らむスポンジ玩具
窒息、体内に入り炎症起す危険知って
 長さ2㎝ほどのカプセルをお湯につけると、 4㎝程度の動物や恐竜などの形のスポンジが出てくる風呂用のおもちゃについて、 消費者庁は2月 15 日、 「飲み込むと窒息や誤えんの危険がある」 「入浴中に、 膣や肛門から体内に入り炎症を引き起こす危険がある」 「耳や鼻からも体内に侵入する危険がある」 ―として、 保護者におもちゃの危険性を認識するよう注意を呼びかけた。 健康食品や薬のカプセルと似ており、 子どもだけでなく、 高齢者が誤飲しのどに引っかかった場合も窒息の危険がある。(相川優子)

17:00 | 投票する | 投票数(55) | コメント(0)