日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 

利用規約

第1条(定義)

株式会社日本消費経済新聞社(以下「当社」といいます)は、当社が提供する情報交流の場「PR投稿」「議論しませんか」(以下「本サービス」といいます)の利用について、以下のとおり利用規約(以下「本規約」といいます)を定めます。本サービスの利用者(以下「利用者」といいます)は、予め本規約に同意した上で本サービスを利用するものとします。

第2条(本サービスの内容)

当社は本サービスとして、日ごろから感じている疑問(消費者問題に限る)、国会や地方自治体、消費者庁、消費者委員会などで検討されている事柄について議論する場を提供します。また、各地で取り組まれている消費者関連事業等の実施報告等についてPRする場を提供します。なお、当社は本サービスを予告なく変更、全部または一部の提供停止、廃止をすることができます。

第3条(免責事項)

本サービスは、利用者自身の責任に基づく利用によって成り立っています。利用者が投稿した書き込み内容に関する責任は、投稿した利用者自身が負うことになります。従って、当社は利用者に代わっての責任は一切負いかねます。また、当社は書き込み内容に関して、その正確性・速報性・合法性・完全性・有用性など、いかなる保証もいたしません。利用者自身の判断でご利用下さい。なお、書き込み内容およびリンク設定された外部ウェブサイトによって生じた損害(コンピュータウイルス感染被害などによる損害も含む)や利用者同士のトラブルなどに対し、当社は一切の補償・関与をいたしません。本サービスは書き込み内容を永続的に保存または掲載することを保証するものではありません。本サービス(書き込み、これに係る情報の消去、喪失を含む)に関連して利用者に生じた損害につき、当社は一切の責任を負いません。

第4条(書き込み内容の削除について)

利用者は、以下の事由に該当するもしくは該当する恐れがあると思われる書き込み内容は投稿することができません。以下の事由に該当するもしくは該当する恐れがあると思われる書き込み内容が投稿された場合、当社は利用者に対して予告なく、書き込み内容の削除または本サービス利用の停止、制限などの措置を取る場合があります。 なお、当該措置の対象に該当するか否かは、全て当社が判断するものとし、措置理由の開示はいたしません。また、以下の事由に該当するまたは該当する恐れがあると思われない場合でも、本サービスの管理運営の都合上、やむを得ず書き込み内容の削除等をする場合もあります。

《本サービスの趣旨から逸脱した書き込み内容》

  • コンピュータウイルスなど、有害なプログラム・スクリプトの類を含む内容
  • 著作権、著作者人格権、商標権等の知的財産権、プライバシー権など、他者の権利または利益を侵害する内容
  • 他者への誹謗中傷、揶揄、攻撃またはこれに準ずると当社が判断した内容、当該内容が記載された外部サイトへのリンクなどを掲載する内容
  • 根拠なく特定の事業者の評判を毀損するなど、信用不安を引き起こす内容
  • 犯罪予告、犯罪の指南など犯罪に結びつく、これを助長する内容
  • 法令や公序良俗に反する内容
  • 性的嫌悪感を催す内容
  • 重大な危険行為に結びつく、助長する内容
  • 営利目的や個人的な売買・譲渡を持ちかける内容
  • 宣伝行為を伴う内容
  • 他者のサイト、書籍、雑誌、広告などの媒体から許可なく転用した内容
  • 同じ内容のものを複数回にわたって投稿する内容
  • 評価や評判を意図的に操作する行為、それに準ずると当社が判断した内容
  • 当社の認めない第三者より金品などの対価を受けることを目的として投稿された内容
  • 本サービスまたは当社のサービスを妨げる内容、妨げる行為により投稿された内容
  • 虚偽の内容
  • わいせつ物、児童ポルノに該当する内容
  • 売春・買春を助長する内容
  • 覚せい剤、麻薬等薬物の使用を助長する内容
  • 他人の名義を騙る内容
  • 青少年に対し、飲酒、喫煙、ギャンブルなどを奨励する内容
  • 不健全な出会いを目的とする書き込み内容、出会いを助長、誘導する内容
  • 不健全な出会いを目的とする個人情報や連絡先を含む内容
  • 当社が不適切と判断し削除した内容を再び投稿する内容
  • そのほか、当社が不適当と判断した内容、行為により投稿された内容
※書き込み内容は、投稿した利用者本人からの依頼であっても、本規約に反する書き込みやその他特別の事情がある場合を除き削除はいたしません。

第5条(著作権等)

利用者が本サービスで書き込み内容を投稿した時点で、当該書き込み内容の国内外における複製権、公衆送信権、譲渡権、翻訳権、翻案権などの全ての著作権その他の著作権法上の権利(当社から第三者に対する再利用許諾権を含む)を利用者が当社に対して無償で利用することを許諾したものとします。利用者は次の各号に掲げる事項について同意し、かつ遵守しなければなりません。 書き込み内容について、投稿した利用者が複製権、公衆送信権、譲渡権、翻訳権、翻案権などの全ての著作権その他の著作権法上の権利を有していることを当該利用者は保証するものとしますので、著作権法上の権利の有無については十分に注意して投稿して下さい。また、第三者の著作物などを利用して投稿する場合には、利用者の責任と負担において前項の許諾に必要な権利処理(利用者から当社に対する利用許諾、当社から第三者に対する再利用許諾に必要な権利処理を含む)がなされていることを前提とさせていただきますので、第三者の著作物などを利用される場合にも十分に注意して投稿して下さい。 当社または当社から再利用許諾を受けた第三者は、利用者が投稿した書き込み内容を当社のウェブサイト内や当社が再利用を許諾した第三者が運営するウェブサイトなどへの掲載、そのほかの様々な方法で利用する場合があります。この際、文章の要約、抜粋、もしくは投稿された画像のサイズ変更、切り抜きなどによる改変、著作者の表示の省略をする場合があります。また、利用者は本項に具体的に記載された場合に限らず、当社または当社から再利用許諾を受けた第三者が書き込み内容を利用する場合には、著作権法上の著作者人格権(公表権・氏名表示権・同一性保持権)を行使しないものとします。なお、当社は利用者が投稿した書き込み内容を細心の注意を払って利用しますが、万が一、当該利用に伴う改変などが利用者の名誉・声望などを侵害している場合には、当社までご連絡下さい。 当社または当社から再利用許諾を受けた第三者が、利用者が投稿した書き込み内容を利用する場合には、地域制限その他の付随条件はないものとします。また、利用者の利用許諾期間は書き込み内容の著作権が存続する限りとし、ロイヤリティなどの対価は一切発生しないものとします。 当社は書き込み内容を個人を特定できる情報を除去した上で、新聞紙面の参考資料やマーケティングデータなどとして活用し、第三者に提供する場合があります。

第6条(本規約の変更)

本規約は予告なく内容を変更する場合があります。変更した内容は当社のウェブサイトへ掲示することにより、即時効力を生ずるものとします。
以上