日本消費経済新聞は、生活者優先時代を実現するため、消費者行政、消費者問題、企業の顧客対応の情報を全国に発信する専門紙です
 
日本消費経済新聞その他ニュース
12345
2020/10/19new

日本消費経済新聞2311号(2020年10月15日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
東京医科大の受験料返還請求訴訟
2段階目の訴訟参加は565人
対象受験生の1割強
 不正入試問題で、 東京医科大学から受験料等の返還を受けるため2段階目の訴訟に参加申し込みがあった受験生は、 565 人に留まった。 不利な得点調整の対象となった対象受験生約 5200 の1割強に過ぎない。 東京医科大学から住所を提供された対象受験生は約 450 人 (1次試験合格者以外住所等の個人情報を廃棄)、 1段階目の訴訟で勝訴した特定適格消費者団体 「消費者機構日本」 に問い合わせがあった約 150 人と合わせ、 約 600 人にしか郵送で通知できていない。 公告や通知費用が、 原告負担 (特定適格消費者団体の負担) のため、 新聞広告やテレビ CM など大がかりな公告は困難だ。 制度上、 周知に大きな課題があることが浮かび上がっている。

11:41 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2020/10/07

日本消費経済新聞2310号(2020年10月5日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
「今すぐ買わないと損」二重価格表示
消費者庁、執行方針案でパブコメ
  「スーツ、 来週月曜日から、 通常 30,000 円をセール特売価格で 20,000 円」 や、 「エアコン、 ただ今限りのセール特価 38,000 円、 8月以降 48,000 円」 といった 「今だけの期間限定価格」。 ともすると消費者を 「今すぐ買わないと損」 と思い込ませ、 性急な消費行動に走らせかねない。 一般消費者を誤認させうるこういった価格表示に対して、 消費者庁は 「不当な価格表示についての景品表示法上の考え方 (2000 年6月)」 を補完した 「将来の販売価格を比較対照価格とする二重価格表示に対する執行方針 (案)」 を公表し、 9月 18 日から 10 月 21 日までパブリックコメントを募集する。(原田恵理)

16:33 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2020/09/18

日本消費経済新聞2308号(2020年9月15日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
東京医科大不正入試 受験料返還
対象受験生の参加募集期間を延長
 不正入試による受験料返還義務確認訴訟で東京医科大学に勝訴し、 被害回復手続きに参加する受験生を募っていた特定適格消費者団体の 「消費者機構日本」 は9月 10 日、 募集期間を 10 月 10 日まで延長すると発表した。

17:28 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2020/09/09

日本消費経済新聞2307号(2020年9月5日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
700円弱の消毒用エタノール
大手通販サイトで「5980円」
 マスクとアルコールの転売禁止規制が解除された 8 月 29 日、 東京都内のドラッグストアや薬局では入手が困難な消毒用エタノール (500ml) が、 大手通販サイトに 「2 本、 9480 円」 で登場した。 入荷があれば、 668 円、 698 円で購入できる商品だ。 1 本売りはさらに割高で翌日以降、 5980 円、 5780 円などの価格で販売され、 いまだに高値を維持している。 市価の7倍から 9 倍もの高値で販売され続けるのは、 消毒用アルコールの一般消費者への供給状況が改善していなかったからにほかならない。 転売規制解除の時期が早かったのではないのか。 経産省は転売規制解除前に大手 EC サイトを集め、 消費者に不安が生じた場合には適切に対応することを求めたというが、 通販サイトによって対応に差が出ている。 今なお、 ポビドンヨードのうがい薬が高値で販売され、 表示を裏付ける合理的な根拠が示せないとして行政処分された商品まで販売され続けている。 早急な改善策の検討を求めたい。(相川優子)

16:40 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2020/06/29

日本消費経済新聞2301号(2020年6月25日発行)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
「社会への扉」普及事業を公開点検
「若者に面白い、短時間動画作成を」
 外部の有識者が各省庁の事業を公開で点検する 2020 年度の 「行政事業レビュー公開プロセス」 が6月3日からスタートした。 消費者庁では6月 16 日、 同庁が作成した高校生向け消費者教育教材 「社会への扉」 を活用してもらう 「若年者消費者教育教材の普及促進事業」 について公開点検が行われ、 6人全員の委員から 「事業内容の一部改善」 が必要と評価された。 デジタル化に対応した若者が面白く短時間で見られる実践的な動画教材を、 さまざまなレベルや関心に合わせてたくさん用意する必要性が指摘された。 成果指標についても、 教材を用いた授業の実施割合や教材の発送部数のみではなく、 若者が消費者トラブルに巻き込まれた件数や被害額を経年で把握して、 成果をできるだけ適性に把握できる指標を設定することを求めた。(相川優子)

16:50 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
12345